リノベーション費用

  • HOME
  • リノベーション費用

リノベーションにかかる費用

「リノベーションをして理想の空間を手に入れたいけど、どのくらいの費用がかかるのか不安・・・」そう思っている方も多いのではないでしょうか。

リノベーションをする際にかかる費用は大きく分けて以下3つに分類することが出来ます。

①物件購入時にかかる費用

②リノベーションにかかる費用

③居住後にかかる費用

 

①物件購入時にかかる費用

まだ自分の物件が無い場合は物件を購入する必要があります。

中古住宅や中古マンション等の中古物件を購入するのに必要な費用は、 大きく分けて物件購入費や諸経費の二つが必要になります。

諸経費は仲介手数料・登録免許税・司法書士報酬等があります。

どのような諸経費がかかるのか、物件購入時に確認しておくことをお勧めします。

 

②リノベーションにかかる費用

リノベーションは非常に規模の大きな工事の為、費用も大きなものとなります。

ただしリノベーションと言っても、建物をスケルトン状態にして完全に解体して工事を進めていく大規模なものから、 外観や共用部分のみ工事を行うといった小規模なものまでありますので、かかる費用も大きく変わってきます。

リノベーション費用は大まかに言うと、上で述べたような広さや規模で決まります。

なお、それぞれの価格帯でできるリノベーションの主な内容は、以下のようになります。

費用500万円以下のリノベーション

この価格帯では、建物の部分的な工事から、一部の間取りの変更などの工事が主になります。

キッチンなどを大幅に配置変更する場合には、給排水管などの工事もあわせて必要になるため、この価格帯で実現させるのは難しいかもしれません。

費用500万円~1000万円のリノベーション

この価格帯では、間取りの変更から、耐震補強や増築、外壁の取り換えまで大規模な工事が可能になります。

また、機能性を高めるだけでなく、デザインにもよりこだわることができるようになります。

また、上記以外には、工事中、仮に住むところの家賃や、そこへの引越にかかる費用、 そして家財を一時的に保管しておくためのトランクルームなどの費用も必要となってきます。

部分的な工事の場合には、引っ越さずに工事も可能ですが、 騒音や業者の出入りによる精神的なストレスを受け日常生活に支障をきたす場合もありますので、 費用をおさえることだけにこだわらないようにしましょう。

その他にも、工事を始めるに当たり、近隣の方へあいさつし、手土産などを持っていく必要があったり、 新しい住まいにあった家具や電化製品、 カーテンなど細かなものの購入などにも意外と費用がかかってしまいます。

 

③居住後にかかる費用

リノベーション物件に引っ越しした際に費用がかかります。

主な費用として管理費や固定資産税などの税金がかかります。

いずれにせよ、リノベーションを行うには大きな費用がかかります。

後悔しないリノベーションを実現させるためにも、 きちんとした計画を立てて行うことをお勧めします。

株式会社 堀晃では無料相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

当社へのお問い合わせはこちらへ!

京都市中京区・西院駅付近の物件情報は多数掲載されています。  物件探しはこちらからどうぞ。