• HOME
  • マンションのリノベーションで気をつけたいこと~京都市でリノベーション業者をお探しの方へ~

マンションのリノベーションで気をつけたいこと~京都市でリノベーション業者をお探しの方へ~

中古マンションのリノベーションを行う際に、頭に入れておきたいのが工事の期間です。フルリノベーションと部分リノベーションでは長さが異なりますので、こちらでは目安となる期間をご紹介していきます。併せて、リノベーションの注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

工事期間はどれくらい?

工事期間はどれくらい?

リノベーションの工事期間は、部分リノベーションかフルリノベーションかによって異なります。部分リノベーションの工期は、キッチンの設備交換のリフォームだと2~4日程度、キッチンの場所を移動させる場合だと2週間~1ヶ月程度はかかります。

浴室リフォームは3~4日程度、トイレリフォームは半日~1日程度です。一戸建てのフルリノベーションだと設計期間が2~3ヶ月、工事期間は1~2ヶ月程度、全体では4~5ヶ月程度かかります。

中古マンションの場合はマンション管理組合の理事会で承認を受けるのに時間がかかるため、全体の工期は6~7ヶ月程度になり、一戸建てのフルリノベーションよりも工期は長くなります。また、フルリノベーションの場合、工事中は家の中で暮らすことができず、工期も長くなるため、仮住まいの確保が必要になる場合があります。

電源容量や給排水口の位置に注意!

電源容量や給排水口の位置に注意!

キッチンのリノベーションでIH方式に変更する場合、電源容量を確認しておく必要があります。マンションは一戸当たりの電源容量に上限があり、上限を超える設備を導入することはできません。事前に管理組合に確認しておくことをおすすめします。

また、マンションのリノベーションの対象は室内だけであり、基本的には配管改修をすることができず、古い配管をそのまま使用することになります。そのため、要望通りのリノベーションができない場合があります。給排水口の位置も基本的には変更できないため、その点を考慮して施工会社や管理組合と相談することが大切です。

間取り変更は可能か?

間取り変更をするには、室内の間仕切り壁を撤去することが必要になりますが、内壁が構造体の一部になっている壁芯構造のマンションは、間仕切り壁を撤去することはできません。そのため、壁芯構造のマンションは間取り変更をすることができず、フルリノベーションでは様々な制約を受けます。

フルリノベーションを前提で中古マンションを購入する場合、マンションの構造によっては思い描いているリノベーションができない場合がありますので、事前に確認した上で購入することが大切です。

京都市でリノベーションを行う業者をお探しの方は、株式会社堀晃・堀晃不動産をご利用ください。京都市にある株式会社堀晃・堀晃不動産は自社でリノベーションを行う不動産会社であり、マンション・一戸建てのリノベーション実績が豊富にあります。長年の経験や実績を活かして、お客様のライフスタイルに合わせたリノベーションを提供することが可能です。今後もお客様が求める快適な住まいの実現を目指して、サービスを提供してまいりますので、京都市で住宅のことにお困りの際はお問い合わせください。

中京区で不動産売買を依頼するなら株式会社堀晃・堀晃不動産にお任せ!

会社名 株式会社 堀晃・堀晃不動産
住所 〒604-8843 京都府京都市中京区壬生東檜町23-2
TEL 075-950-2395
FAX 075-950-2342
フリーダイヤル 0120-541-654
不動産購入URL https://fudousan.horiko.net
不動産売却URL https://fudousan-f.horiko.net