外壁改修工事

  • HOME
  • 外壁改修工事

外壁の劣化は事故につながる可能性も

外壁は建物の見た目を決める大切な部位ですが、建物を雨風から守る部位でもあります。エフロッセンス(白華現象)、ひび割れなど軽微なものから浮き、剥がれなど深刻度は日々進んでいきます。剥落事故が起こる前に、また壁からの雨漏りが起こる前に、定期点検を受け適切なメンテナンスを行うことが建物を守る上でも大切です。

外壁改修工事についてご相談ください

ひび割れが気になっている

タイルの剥がれが発生した

隣のビルとの隙間がなくて
足場が設置できない

場所柄、足場を
設置することができない

部分的に補修したい

外壁改修工事の劣化チェックをしてみましょう

タイルの浮き

タイルのひび割れ

シーリングの劣化

銅板パネルのへこみ

タイルの欠損

しみや汚れ

外壁改修工事の種類と特徴

部分補修 全体補修
特徴 劣化部分のみを再度躯体に固定する工事を行う。
はがれてしまった場合は取り除き新しいタイルを貼ったり、モルタルで埋めたりする。
劣化の部位に関係なく外壁全体に対して覆う形で補修工事を行う。意匠を変える工法と変えない工法とがある。
メリット 比較的安価にできる 以降の浮き等劣化の心配がない
デメリット 補修箇所以外のところは今後も劣化の可能性があり点検が必要 全面のため費用が高額に
オススメ改修工法 プレスダウングラウト工法 コニシアクアバインド工法
モダンアートストーン工法
ボンドカーボピンネット工法