• HOME
  • 物件を高値で売るならリノベーションを!~中京区で不動産売買をご検討中の方へ~

物件を高値で売るならリノベーションを!~中京区で不動産売買をご検討中の方へ~

不動産は、一般的に築15年以上が経過すると資産価値が低下しますので、高値で売ることは難しくなります。中古物件を高く売るにはどうすれば良いのか、今回は物件を高値で売るためのコツをご紹介します。中京区で不動産売買をご検討中の方は、株式会社堀晃・堀晃不動産へご相談ください。

売りやすい物件の条件とは?

売りやすい物件の条件とは?

新築・中古を問わず、最寄り駅までのアクセスが良く、スーパーなどの商業施設や学校、病院などが近くにある利便性が優れた物件は売れやすいです。また、閑静な落ち着いた町並みで住環境が良い物件も、子育て世代の方に人気です。

新築の場合は、築年数が10年以下の物件が売れやすくなっています。中古物件の場合は、家族構成に左右されることが少ない、一般的な間取りの物件が売れやすいです。また、マンションの場合は管理状態が良い物件ほど売れやすい傾向がありますので、高く売りたいのであれば、定期的な修繕工事、共用部分の清掃を忘れずに行う必要があります。

高値で売りたいなら、リノベーションを検討しよう!

高値で売りたいなら、リノベーションを検討しよう!

先程も説明したとおり、築浅の物件ほど高値で売れる傾向がありますが、築年数が経過している中古物件はリノベーションをすることで資産価値が向上し、高値で売れる可能性が高くなります。

老朽化がすすんだ中古住宅をリノベーションすることで、新築の注文住宅のようになり、類似物件との差別化が図れます。また、間取りの良さは物件を高値で売るために重要な要素ですが、リノベーションを行えば理想的な間取りにできるため、高値で売れる可能性が高くなります。さらに、住宅設備も最新のものに変更することができますので、機能性と利便性が向上し、需要が高くなります。

売却成功へのカギとは?

リノベーションをすると売却成功に繋がりやすいですが、高値で売れるとは限りません。目的とテーマを掲げてリノベーションをすることが、売却成功のポイントになります。そのためには業者の選定が大切で、デザイン力と施工力、提案力が優れているリフォーム業者を選ぶようにしましょう。

また、リノベーションをする際には業者任せにせず、要望をしっかりと伝えることが大切です。そして、リノベーション後の住宅に内覧者を迎え入れる際には、綺麗に掃除をして、明るくスッキリとした状態にしておくことも大切です。内覧者を迎え入れる際は、大事なお客様をもてなす気持ちで対応しましょう。

中古物件もリノベーションを行えば高値で売れる可能性がありますが、不動産売買を成功するには業者選びも大切になってきます。中京区で不動産売買をお考えの方は、株式会社堀晃・堀晃不動産にお任せください。株式会社堀晃・堀晃不動産は中京区で、一戸建てやマンションの売買に関する仲介を行う会社で、リフォーム・リノベーションも得意としています。不動産売却を行う際は、売却の希望条件や時期をお聞きした上で、それに沿った売却プランをご提案させていただきます。売却完了まで、責任をもって対応いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

中京区で不動産売買を依頼するなら株式会社堀晃・堀晃不動産にお任せ!

会社名 株式会社 堀晃・堀晃不動産
住所 〒604-8843 京都府京都市中京区壬生東檜町23-2
TEL 075-950-2395
FAX 075-950-2342
フリーダイヤル 0120-541-654
不動産購入URL https://fudousan.horiko.net
不動産売却URL https://fudousan-f.horiko.net