耐震工事

いつでも起こりうる地震に備え耐震工事を

だお大きな地震がどこでも起こりうる日本においては、耐震工事はもはや当たり前にしていなくてはならないものとなりました。

特に商業ビル、賃貸マンションでは、入居の条件として新耐震基準を満たしているかどうかがウェイトを占めるまでに。

耐震工事がま済でない方は、ご相談ください。

一般的な耐震工事

鉄筋コンクリート造の建物は頑丈ですが、そのために強い力によって崩壊する恐れがあります。
耐震工事とは、それらを追加の鉄骨などで枠を増やしたり、壁を増やしたりして、倒壊しないよう補強する工事のことです。

その他の地震対策

免震や制震といった補強するのではなく、地震の揺れを吸収したり逃がしたりする技術もあります。
こちらも建物の状況や予算に合わせて様々な方法で地震対策ができます。

株式会社 堀晃オススメの耐震工事

IPH工法によるコンクリート補強工事

目に見えないヘアークラックはコンクリート構造物の強度を損なっています。

IPH工法は特殊な注入工法によって細かい隙間にも材料が廻るため、コンクリートの強度回復及び増強に効果を発揮します。

連続繊維シートによる補強

繊維シートを柱に巻き付けるだけで強度があがり、地震対策になる工法です。