調査診断

大切な建物を守るために

建物は見た目だけでは劣化はわからないことがあります。

また劣化は、立地条件西面や、使用状況等いろいろな状況が関係しています。

詳細な建物診断を行うことで、大切な建物の資産価値を上がる改修工事の提案をさせていただきます。

 

無 料 診 断

アンケート

マンションは全てにアンケートを配り、共用部からでは判断できない不具合箇所を把握します

目視・打診調査

現地で目視・打診・触診を行い、各部の劣化を調査します

特 殊 診 断(有 料)

引っ張り試験

塗膜・タイル・シーリング・躯体界面の付着力を数値により診断します。付着強度を調べることにより塗装吹替時期・タイル剥落防止の判断材料とします

中性化試験

躯体コンクリートの中性化が進行するとコンクリート内部の鉄筋が錆びて、外壁の爆裂・欠損発生の原因になります。中性化試験は、躯体コンクリートのサンプルを抜き取り、コンクリート中性化の状態を調査した上で、適切なコンクリート中性化抑止の改修案をご提案致します

鉄筋位置・かぶり厚さ調査

鉄筋位置やコンクリートのかぶりを調査します。規定値以下の場合は外壁の爆裂や欠損を起こす可能性が何らかの処置を講じなければなりません

シーリング材物性試験

シーリングのサンプルを切り取り、物性、弾力性を調べます。シーリング材は劣化が進行すると弾力性がなくなり、防水性能が低下します

シーリング材物性試験コンクリート圧縮強度調査検査

シューミットハンマーによるコンクリートの圧縮強度を調査します。コンクリート強度は、鉄筋コンクリートの構造耐力および耐久性能に影響する重要な要因です