防水工事

屋上・ベランダ・バルコニーなど雨漏りの原因にも

防水工事は建物のいろいろな部位に施工されています。屋上、ベランダ、バルコニー、共用廊下、共用階段、屋根などそれぞれの部位の特徴に合わせた防水工事が必要となります。また改修工事の場合は既存の防水によっても異なります。あまり目にすることのない箇所も劣化によって雨漏りにつながる恐れがあります。定期的に点検してメンテナンスすることが大切です。

防水改修工事の必要性

雨漏りの原因はさまざまあり、止水工事で止まることも多いですが、それはあくまでも一時的な対処になります。建物にとって水が入る場所が発生してしまうこと自体に問題があります。防水工事は全体を覆うことで水の侵入を防ぐことを目的とした工事です。防水工事をきちんとやっていれば、また劣化を放置せず適切にメンテナンスすれば、雨漏りなどに悩まされない健康な建物を維持できるのです。

防水工事の種類と特徴

ウレタン防水、塩ビシート防水、アスファルト防水、FRP防水など、さまざまな種類がありますが、株式会社 堀晃では改修工事をメインとしており、改修工事でよく使われる、ウレタン防水と塩ビシート防水について詳しく説明します。

防水改修工事のサイクルと劣化チェック

防水工事は一般的に10年~15年のサイクルで改修することが推奨されています。メーカー等の防水保証についても10年程度となっています。
しかし環境や使用状況によっても劣化進度はことなりますので、劣化のチェックを行い、適切な時期にメンテナンスができるようにしましょう。
新築、または前回の改修から10年以上経っていれば改修時期です。気になることがあればご相談ください。

チョーキング

水たまり

ドレン(排水溝)のつま

防水層のふくれ

防水層の剥がれ、破断

シーリング劣化